読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうどんびより

たとえ今後、幾度かの茶会を開く機会があるとしても、 この茶会と全く同じ茶会は二度と開くことが出来ない。 だから、茶会は常に人生で一度きりのものと心得て、 相手に対して精一杯の誠意を尽くさなければならない。

follow us in feedly

鹿とにぼしと地縛霊(833文字)

短編 癒し 記録 風景

『消せない輪じみ』

 

国道九号線、道沿いにある一軒家に住む者が、恐怖で涙を流したらしい。

草木も眠る丑三つ時、実家のインターホンが鳴り響いた。

何度も何度も鳴り止まない。月明かりで照らされている室内に、不可解なうめき声。身体は凍りつく。

私は殺される。

 

実家のインターホンが、ここ数年の間に効果音が変わっていた。

 

聴きなれた某コンビニの入店音。

なんとも恐怖感のない音である。

この家は24時間営業じゃない。

確かにこの家には毎日必ず人が訪れる。

鬱陶しいほどに人が来る。

これは田舎のしきたりでもある。

しかし、まともな生活を送っているサラリーマンは

19時以降には家でご飯を食べて、

22時には寝ているのではないだろうか。

午前2時に尿意を催すかもしれないが、

まさか私の家でおしっこがしたいとでも言うのだろうか。

インターホンは午前6時までなり続ける。

起床してきたお婆ちゃんがインターホンに気付き、急いで玄関へ向かう。

午前6時の来客に誰も不思議に思わなかった。

何故なら今日は、神社で行われる祭りの集金日だからだ。

玄関の扉を開けると、そこには何かに布をかぶせたような白い塊があった。小刻みに震えるその塊は、すぐにそれが人だとは分からない程、血の気のない肌をしていたらしい。

そして塊の足元に広がる、くっきりと黄色い輪じみ。

老婆はずっとずっと、おしっこをしたかったようだ。

 

白い塊は、今日もまたおしっこが出来なかった。

福知山市の田舎を地縛霊となり さ迷い続けるのだ・・・・・。

毎晩毎晩、ファミリーマートと勘違いして入ってこないで。

 

 

 

 

 

 

『自由でないこと』

 

裏庭の竹林には、鹿が荒ぶっていた。このままここで飼おうと思うがどうだろうか。

少し離れた場所には鹿のフンが10つぶ程丁寧にこかれていた。礼儀正しいので家の中で飼おう。

私の家の中で、暖かくして美味しいご飯も食べて、ほかほかお風呂に入って、なに不自由なく幸せに生活しよう。

 

 

 

 

 

アルツハイマー

 
彼らは毎晩、ニボシの取り合い合戦をしている。鼻が利く犬が勝つ。猫は目で負えないモノには全く気付かない。そして太り過ぎである故にテンポが遅い。