読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうどんびより

たとえ今後、幾度かの茶会を開く機会があるとしても、 この茶会と全く同じ茶会は二度と開くことが出来ない。 だから、茶会は常に人生で一度きりのものと心得て、 相手に対して精一杯の誠意を尽くさなければならない。

follow us in feedly

階段を作った。 【完結】

 
 
 
以前から進行しているプロジェクトが、ついに完成。
作業期間は1週間程度、
雨降りや体調の関係でおよそ1ヶ月の月日がたっていた。 
f:id:panyannya:20151206110613j:image
f:id:panyannya:20151206111244j:image

不安定な地面を足でならし、岩で掘る。
そして平べったい大きい岩石をベースにして、
小さい石で足場を固めて安定させていく。
地道に、一歩ずつ。
気付けばいつの間にか
そこには道が生まれていた。
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
降りてみる。
f:id:panyannya:20151206111531j:image
f:id:panyannya:20151206130649j:image

このツタはトラップだ。
触れると、皮膚が切れる。
 
物凄く細かなトゲで、
その場では触れたことに気付かない。
しばらく経つと皮膚が痛む。
手の甲、腕、指を見ると、
無数の引っかき傷が付いており、真っ赤になっていた。
痛みで腕をひきちぎろうと思った。
 

f:id:panyannya:20151206131210j:image
岩石と材木のみで作った階段。崖の下まで降りることができた。
下から見ると、階段に見えるだろうか。
見ようと思えば見える。
 
これで、上にも行けるし、下にも行ける。
階段として成り立つ。
 この状態で、しばらく時間をおく。
雨にさらし、地面を固める。
 
 
 
 
 
 
今回の一番の目的は、
短足のダイゴが階段を利用すること
 
自宅の裏庭から崖の下にある
楽しい森の小道へのアクセスを簡単にできれば、
どんなに世界が広がるだろう。
森へ行くには、
時速90kmで走り抜く大型トラックが行き交う
国道9号線の歩道を50m歩き、
小道へ抜ける細道へと抜けなければならない。
かなり危険で、なんといっても遠回り。
 
 
 
一週間後の晴れの日、
ダイゴを階段へと近づけて様子をみてみる。
 
f:id:panyannya:20151206110453j:image
f:id:panyannya:20151206132505j:image
f:id:panyannya:20151206132629j:image
f:id:panyannya:20151206133021j:image

ずんずんと歩みを進めるダイゴ。
この下にある森の小道は、唯一の穴場スポット。
目の前にある楽園に向かって希望を抱き、
 
進みツタのトラップも、難なくクリア! 
 

f:id:panyannya:20151206133321j:image

 降り終えた!!!!!!!!!!!!!!!
ダイゴは、平然とした顔で階段を降りた。
今回のプロジェクトは、大成功!
 

f:id:panyannya:20151206133506j:image
 

登ることもできる。
いつもより、悠々として見える。
 
ダイゴは理解した。
そこに、道があるということを。
 
 
 おめでとう